英検,

TOEIC​, TOEFL, IELTS

​対応

​先取り

文法学習

​4技能統合型学習

各種民間資格検定試験対策

第二言語習得理論にもとづいた統合型カリキュラムによって

大学入試に応用できる英語の実力を養成

当教室では、第二言語習得学(Studies of Second Language Acquisition)で提唱されている理論にもとづきカリキュラムを作成しており(Praxis Curriculum)、英語を外国語として学ぶ中高生が効率よく包括的に4技能を伸ばしていくことを目標としています。

また、日々の学習に加えて各種英語検定の指導トレーニングを受けた講師による試験対策・演習を定期的に行うことにより、実力にプラスアルファの"問題解法"を加え、さらなる高得点を目指します。

日々の学習

​▷先取り文法学習

​​▷社会問題やアカデミックトピックを

 使用した4技能統合型学習

▷単語学習と発音学習

定期的な試験対策

▷解き方からタイムマネジメントまで

 徹底した指導

​​▷公式試験問題や予想問題を使用した

 試験演習

▷    英語の

   実力養成

▷  試験での

    高得点取得

Integrated learning of the four skills   

-4技能の統合型学習- 

第二言語習得にはインプット同様アウトプットが重要な役割を果たしており、アウトプットすることで学習者に内在する知識が発展し習得されていくと言われています(Swain [1987] の提唱する"アウトプット仮説")。そのため、当教室ではリーディングとリスニング演習によりインプットを与えるほか、ライティングとスピーキング演習を積極的に行い、アウトプットの機会を十分に提供いたします。

生徒さんのインプット・アウトプット機会を提供するため、当教室では4技能の統合型学習をカリキュラムに取り入れており、社会問題や学問など核となるトピックに関して4技能を使用した多面的学習をいたします。

としょうかん

​当教室の指導方針

​当教室では、以下の6つの指導方針に基づきカリキュラムの作成を行なっております。

1. 主体的で持続性のある      学習環境を

英語に対する興味と関心を引き出し学習意欲を高めることによって、生徒さんが主体的に持続して英語を学び積み上げていくことのできる学習環境を提供いたします。また、生徒さんの性格や学習スタイルを分析し、それぞれに合った学習方法を提案いたします。

4. 「英語で」

論理的思考力を磨く

英語の論理構成は日本語の論理構成とは異なり、深い思考を英語で行うためには英語の論理構成を身につける必要があります。英文で書かれた論文の読解や自分の意見を述べるOpinion essayの作成、ディスカッションを通して、「英語で」論理的思考力を身につけていきます。

2. 自由自在に英語を操る

ための文法学習

英会話をするにも、読解・作文を行うにも、正しい文法知識がないと意味の疎通・理解はできません。4技能を効果的に伸ばしていくため、当教室では丁寧な解説と演習を通し基礎力を身につけ、それぞれの文法事項をつなぎ合わせる横断的学習により応用力を磨いていきます。

​5. 発音学習でスピーキング/リスニングスキルを磨く

自らが発音できない単語を聞き取ることは難しいと言われています。そのため、発音を良くする事はスピーキング力だけでなくリスニング力の向上にも繋がります。当教室では、発音の仕方・イントネーション・リズム・強勢の指導を通して発音トレーニングも行なっていきます。

​3. 統合カリキュラムで

4技能を伸ばす

社会問題や様々な学問の概念など核となるトピックに関して4技能を使用した多面的学習をいたします。自分の意見を英語で伝える会話力だけでなく英文を正確に読み解くリーディング力や、論理的な文章を英語で作文するライティング力を身につけていきます。

6. 目標に合わせた英検・TOEFL・IELTS受験対策​

日々の学習で身につけた英語の実力に加えて、出題傾向や問題解法の指導など試験対策を行うことによって、生徒さんの学習意欲を高めつつ、目標に合わせた資格の取得を目指します。英検のほか、TOEFL・IELTS受験にも対応しています。

Grammar learning  

学生主体の"気づき"を促す文法学習

Schmidt (2010)の提唱する"気づき理論"では、第二言語習得には気づきが不可欠であり、ある文法事項に学習者が意識的に気づいた時、習得への一歩がはじまると言われています。この"気づき理論"にもとづき、当教室では生徒さんの気づきを促す効率的な文法指導を行います。​当教室では教師が主体となり文法を説明し、膨大な量の問題を解かせることによって英文法を暗記させるようなことはいたしません。機械的に問題を解かせる代わりに、生徒さんが自主的に英文法の規則性に気づき、論理的に文法を捉え納得し、理解したルールを応用できるよう導くための効率的な文法学習を行います。これにより、学習時間を大幅に削減し、詰め込み学習をせずとも高度なレベルの文法習得が可能となります。

中学生クラス・中学生上級クラスでは、中学3年間のうちに中学高校英語の文法範囲を終了を目指し、高校生クラス・高校上級クラスでは、中高6年間で扱う文法を応用した4技能の養成を中心に、さらなる英文法の定着と範囲外の文法学習を行なっていきます。

各種民間資格検定試験対策

第二言語習得理論にもとづいた統合型カリキュラムによって

高校・大学入学試験に柔軟に対応できる英語の実力を養成

当教室では、第二言語習得学(Studies of Second Language Acquisition)で提唱されている理論にもとづきカリキュラムを作成しており、英語を外国語として学ぶ中高生が効率よく包括的に4技能を伸ばしていくことを目標としています。

また、日々の学習に加えて各種英語検定の指導トレーニングを受けた講師による試験対策・演習を定期的に行うことにより、実力にプラスアルファの"問題解法"を加え、定期試験・英語資格試験・入学試験でのさらなる高得点を目指します。

ノートを取る学生

​▷学校英語の復習・予習

▷先取り文法学習

▷単語学習と発音学習

​​▷社会問題やアカデミックトピックを

 使用した4技能統合型学習

日々の学習

▷過去の定期試験の分析による出題予測

▷解き方からタイムマネジメントまで

 徹底した指導

​​▷公式試験問題や予想問題を使用した

 試験演習

​試験対策

▷    英語の

   実力養成​

▷  試験での

    高得点取得

Integrated learning of the four skills   

4技能の統合型学習

第二言語習得にはインプット同様アウトプットが重要な役割を果たしており、アウトプットすることで学習者に内在する知識が発展し習得されていくと言われています(Swain [1987] の提唱する"アウトプット仮説")。そのため、当教室ではリーディングとリスニング演習によりインプットを与えるほか、ライティングとスピーキング演習を積極的に行い、アウトプットの機会を十分に提供いたします。

生徒さんのインプット・アウトプット機会を提供するため、当教室では4技能の統合型学習をカリキュラムに取り入れており、社会問題や学問など核となるトピックに関して4技能を使用した多面的学習をいたします。

Vocabulary learning and Pronunciation training 

単語学習と発音トレーニング

 

単語習得は暗記による学びが大半なため、モチベーションが上がりづらく手を抜きがちですが、​単語力は文法力と並んで英語4技能の土台であり、単語力が英語力を決めると言っても過言ではありません。当教室では2億語のコーパスから抽出して頻出単語を作り出した基本英単語NGSL(2818語)やアカデミックの単語に特化したNAWL(963単語)を使用し、小テストを定期的に行うなど生徒さんが持続的に単語学習を行えるよう様々なサポートを行なっております。

また、英語の意味を正しく聞き取り、伝わる英語を話すためには正しい発音で英単語を覚え、発することが必須です。日本語の母音は5つですが、英語の母音は12ほどあり、英語特有の母音/子音が発音ができないと伝達において誤解が生じてしまうこともあります。当教室では、生徒さんが英語特有の発音を身につけられるよう、リーディング/リスニング/スピーキング/ライティングの各セクションを学びながらフォニックスや英語の発音記号・イントネーション・強勢・リズム等の発音トレーニングを行なっております。