英検,

TOEIC​, TOEFL, IELTS

​対応

​中高生英語コース

​先取り

文法学習

​4技能統合型学習

各種民間資格検定試験対策

第二言語習得理論にもとづいた統合型カリキュラムによって

大学入試に応用できる英語の実力を養成

当教室では、第二言語習得学(Studies of Second Language Acquisition)で提唱されている理論にもとづきカリキュラムを作成しており(Praxis Curriculum)、英語を外国語として学ぶ中高生が効率よく包括的に4技能を伸ばしていくことを目標としています。

また、日々の学習に加えて各種英語検定の指導トレーニングを受けた講師による試験対策・演習を定期的に行うことにより、実力にプラスアルファの"問題解法"を加え、さらなる高得点を目指します。

日々の学習

​▷先取り文法学習

​​▷社会問題やアカデミックトピックを

 使用した4技能統合型学習

▷単語学習と発音学習

定期的な試験対策

▷解き方からタイムマネジメントまで

 徹底した指導

​​▷公式試験問題や予想問題を使用した

 試験演習

▷    英語の

   実力養成

▷  試験での

    高得点取得

Integrated learning of the four skills   

-4技能の統合型学習- 

第二言語習得にはインプット同様アウトプットが重要な役割を果たしており、アウトプットすることで学習者に内在する知識が発展し習得されていくと言われています(Swain [1987] の提唱する"アウトプット仮説")。そのため、当教室ではリーディングとリスニング演習によりインプットを与えるほか、ライティングとスピーキング演習を積極的に行い、アウトプットの機会を十分に提供いたします。

生徒さんのインプット・アウトプット機会を提供するため、当教室では4技能の統合型学習をカリキュラムに取り入れており、社会問題や学問など核となるトピックに関して4技能を使用した多面的学習をいたします。

としょうかん

​当教室のカリキュラム

各種民間資格検定試験対策

第二言語習得理論にもとづいた統合型カリキュラムによって

高校・大学入学試験に柔軟に対応できる英語の実力を養成

当教室では、第二言語習得学(Studies of Second Language Acquisition)で提唱されている理論にもとづきカリキュラムを作成しており、英語を外国語として学ぶ中高生が効率よく包括的に4技能を伸ばしていくことを目標としています。

また、日々の学習に加えて各種英語検定の指導トレーニングを受けた講師による試験対策・演習を定期的に行うことにより、実力にプラスアルファの"問題解法"を加え、定期試験・英語資格試験・入学試験でのさらなる高得点を目指します。

ノートを取る学生

​▷学校英語の復習・予習

▷先取り文法学習

▷単語学習と発音学習

​​▷社会問題やアカデミックトピックを

 使用した4技能統合型学習

日々の学習

▷過去の定期試験の分析による出題予測

▷解き方からタイムマネジメントまで

 徹底した指導

​​▷公式試験問題や予想問題を使用した

 試験演習

​試験対策

▷    英語の

   実力養成​

▷  試験での

    高得点取得

Integrated learning of the four skills   

4技能の統合型学習

第二言語習得にはインプット同様アウトプットが重要な役割を果たしており、アウトプットすることで学習者に内在する知識が発展し習得されていくと言われています(Swain [1987] の提唱する"アウトプット仮説")。そのため、当教室ではリーディングとリスニング演習によりインプットを与えるほか、ライティングとスピーキング演習を積極的に行い、アウトプットの機会を十分に提供いたします。

生徒さんのインプット・アウトプット機会を提供するため、当教室では4技能の統合型学習をカリキュラムに取り入れており、社会問題や学問など核となるトピックに関して4技能を使用した多面的学習をいたします。

-Reading-

スラッシュリーディングを身につけることによって英文を日本語に訳さず英語のまま読む力を養うほか、英語文化における文章構造などを学ぶことで、素早く正確に情報を読み解く力(速読力)を養っていきます。初級より論理性の高い社会問題・学術トピックを扱うテキストを使用することで、英語においても論理的思考を行う姿勢を早くから身につけ、TOEFLや英検、IELTSなどの民間資格検定試験において高成績を残していける応用力を養います。

-Listening-

リーディングテキストの音源やトピックに関連するポッドキャスト、ニュース等のビデオ視聴を通し、リスニングスキルを鍛えます。聴き取れるようになるまでただ繰り返し聴くのではなく、オーバーラッピング・ディクテーション・シャドウィングのスリーステップトレーニングを行うことで英語を英語の語順のまま訳さず理解できる力を養います。また、単語レベルでの認識能力を高めるため、発音トレーニングも取り入れていきます。

Lesson topic:

Fast food in everyday life

​(中学生向けトピック)

Speaking & Listening

Discuss general questions (Schema building)

"Do you often eat fast food?"

"Why do you like fast food?"

Reading

Read a passage with 4 to 5 paragraphs and answer comprehension questions

(+ vocabulary)

-Writing-

リーディング・リスニングタスクによるインプットの後には、そのトピックに関する意見論述やテキスト内容の要旨作成などを通したアウトプットを行い、ライティングスキルを磨いていきます。英語エッセイは日本語エッセイと構成が異なり、日本語で好まれる起承転結をそのまま英語エッセイに転用することはタブーとされています。当教室では英語エッセイにおける基礎構成指導はもちろん、米国大学院を修了した講師による上級論文指導も授業に取り入れており、鍛えられたライティングスキルは民間資格検定試験でのハイスコア獲得に直結します。

-Speaking-

生徒さんが高いモチベーションを持ち今後の学習を効率的に進めていけるよう、レッスンでは導入としてまずトピックに関するディスカッションを行います。ここではトピックを身近に感じることができるよう、トピックを一般化した質問を通して英会話を行います。また、ライティングのブレインストーミングを英語で行うほか、ライティング課題として書き上げた原稿をもとに要旨・意見論述を口頭で行います。日々このようなスピーキング経験を重ねることによって、TOEFL・IELTSのスピーキングセクションや英検の2次試験など「論理的に考え英語で話せる力」を問う試験での高得点が可能となります。

Listening

Watch a short video clip and answer comprehension questions.

(+ 3 step training & Pronunciation training)

Speaking & Listening

Discuss following questions

"What are the good/bad things about eating fast food?"

"Do you think eating fast food is good for children?"

Writing

Write a 4-5 paragraph essay following "introduction-body-conclusion" English structure.

"Do you think it is a good thing for children to eat fast food?"

統合型学習によるレッスンの一例

Vocabulary learning and Pronunciation training 

単語学習と発音トレーニング

 

単語習得は暗記による学びが大半なため、モチベーションが上がりづらく手を抜きがちですが、​単語力は文法力と並んで英語4技能の土台であり、単語力が英語力を決めると言っても過言ではありません。当教室では2億語のコーパスから抽出して頻出単語を作り出した基本英単語NGSL(2818語)やアカデミックの単語に特化したNAWL(963単語)を使用し、小テストを定期的に行うなど生徒さんが持続的に単語学習を行えるよう様々なサポートを行なっております。

また、英語の意味を正しく聞き取り、伝わる英語を話すためには正しい発音で英単語を覚え、発することが必須です。日本語の母音は5つですが、英語の母音は12ほどあり、英語特有の母音/子音が発音ができないと伝達において誤解が生じてしまうこともあります。当教室では、生徒さんが英語特有の発音を身につけられるよう、リーディング/リスニング/スピーキング/ライティングの各セクションを学びながらフォニックスや英語の発音記号・イントネーション・強勢・リズム等の発音トレーニングを行なっております。

Grammar learning  

学生主体の"気づき"を促す文法学習

Schmidt (2010)の提唱する"気づき理論"では、第二言語習得には気づきが不可欠であり、ある文法事項に学習者が意識的に気づいた時、習得への一歩がはじまると言われています。この"気づき理論"にもとづき、当教室では生徒さんの気づきを促す効率的な文法指導を行います。​当教室では教師が主体となり文法を説明し、膨大な量の問題を解かせることによって英文法を暗記させるようなことはいたしません。機械的に問題を解かせる代わりに、生徒さんが自主的に英文法の規則性に気づき、論理的に文法を捉え納得し、理解したルールを応用できるよう導くための効率的な文法学習を行います。これにより、学習時間を大幅に削減し、詰め込み学習をせずとも高度なレベルの文法習得が可能となります。

中学生クラス・中学生上級クラスでは、中学3年間のうちに中学高校英語の文法範囲を終了を目指し、高校生クラス・高校上級クラスでは、中高6年間で扱う文法を応用した4技能の養成を中心に、さらなる英文法の定着と範囲外の文法学習を行なっていきます。